A-UN

My artwork is a contemporary interpretation of traditional decorative arts.   He sees culture as the result of societies influencing and inspiring one another. I'm curious about the cross overs and connections between cultures that have been formed over the course of human history.

Japanese culture has been greatly influenced by Indian Buddhism, the title of this show “A-UN” is named after the mysterious coincidence that the first and the last letters are the same in both Sanskrit and Japanese language. The word A UN also means ‘the beginning’ and ‘the end’ in both languages.

In this series of digital and analogue diptych paintings, Kyomori explores and interprets the ambiguous relationships between different cultures and their influences.

私は国内外の装飾的な図柄に惹かれ、現代における装飾美術を探求しています。装飾美術は西洋、東洋さまざまな文化が発展し、時に混じり合いながらその国独自のアイデンティティを形成してきました。歴史やルーツを遡ることで国境や民族間を越えた、人と文化の深い繋がりを感じることができます。

今回は「阿吽(あ・うん)」をテーマに、2体が対になる作品群をデジタルツールを用いたミクストメディアで表現しています。仏教のルーツとなった、インドのサンスクリット語の始まりの文字は「ア」、終わりが「ン」。そして日本語の五十音の始まりも「あ」、終わりは「ん」。

奇妙な共通点を持ちつつ、異なる文化や言語を持っているもの同士は繋がっている。その曖昧な境や文化の響き合いを汲みなおし現代の装飾絵画として描き出します。

© 2019  KOHEI KYOMORI All Rights Reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーTwitterのアイコン