AWARE BI

Cannot see, cannot hear, and have no arms. Does not have the capabilities that most humans have. Seeing that “defective” state makes people feel gloomy. While there is this negative sense of values, I focus on the aesthetics of “aware” that has existed in Japan since ancient times where it is the imperfect things, rather than the perfect things, that capture the beauty of sentimental emotion.
The world is gradually becoming accepting of diversity. Amidst this major change we welcome the 2020 Tokyo Olympics. At this time of change, as a Japanese person I want to send out the message for people to further address and embrace diversity.

目が見えない、耳が聴こえない、腕がない。本来ならば、人間が持つ能力を備えていない。その”欠損”する姿を見て、人々は悲観的な感情を抱く。そのようなネガティブな価値観がある一方で、日本の古来から存在する美意識「あはれ」に焦点を当て、完全なものよりも不完全なものにこそ、しみじみとした情緒の美があると捉えます。

世界はダイバーシティを受容する世の中へと向かっています。その大変動の流れの中、私たちは2020年東京オリンピックを迎えます。この時代の狭間にて、日本人として人々がよりダイバーシティに向き合い、受け入れることができるのメッセージを発信していきたいと考えます。

© 2019  KOHEI KYOMORI All Rights Reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーTwitterのアイコン